本格的な映像作品として仕上げてもらう

popular post

  • なぜ結婚式でムービーを流すの?

    結婚式の定番のムービーです 結婚式のムービーというのは結婚式に…

    » 続きはコチラ

  • 覚えておきたいムービー作成のコツ

    頑張って作れば喜びも大きい 人生の一大イベントである結婚式は思…

    » 続きはコチラ

  • プロフィールからエンディングまでムービーは様々

    主役の二人を知ってもらおう プロフィールムービーは新郎新婦それ…

    » 続きはコチラ

映画のようにエンドロールを流す演出

最近の結婚式では結婚式のムービーを披露宴に流すのが定番化しています。披露宴開始に流すムービーがオープニングムービー、新郎新婦の自己紹介やお二人の馴れ初めなどを紹介するのがプロフィールムービー、披露宴の最後に流すのがエンディングムービーです。これらのムービーを全て取り入れる方もいますし、この中からいくつかをチョイスして取れる方もいます。
その中でも披露宴最後に流すエンディングムービーについてですが、これはどういったものかというと映画の最後に流れてくるエンドロールをイメージするとわかりやすいです。結婚式の最後にエンドロールが流れ、そこには新郎新婦だけでなく披露宴に参加してくれたゲストの方のお名前や、ゲストへのコメントなど流れてきます。まるで一つの映画が終わったかのような演出をしてくれるものなのです。
エンディングムービーについてですが、自作で作る方法と業者に頼む方法があります。自作の場合は事前に制作しておく必要があります。業者の場合は当日の挙式や披露宴の様子を撮影しておき、それを撮って出しとして流すことも出来ます。撮って出しのタイプの場合、つい先ほどの様子を振り返ることが出来ますので、新郎新婦はもちろんのことゲストみんなでその映像を楽しむことが出来るというメリットもあります。

ムービーを流すと一層盛り上がります

最近の結婚式ですっかり定番になったムービーです。ムービーによって結婚式が盛り上がることが多いです。ムービーの一般的な構成について紹介します。
一般的なムービーの構成は、新郎新婦の生い立ちから出会い、結婚するまでのムービーが1本、最後に参列者の方々に感謝の言葉と一緒に記載されているエンドロールの1本と、結婚式では2本のムービーを流すのが基本となっています。なかでも、新郎新婦の生い立ちから出会いまでのムービーは、新郎新婦のご両親にも印象が残るものとなっています。例えば、幼い頃の写真が出ると、親戚の方々からな懐かしい声が聞こえてきたりします。
このように結婚式には欠かせないムービーですが、ムービーの作成は披露宴会場のサービスとして提供されている場合が多くなっています。また、ご友人の方の手作りのムービーも流れる場合もあり、凝った作品をみると、素人がここまでのムービーを作成されていることに、大変驚きます。さらに、最近のエンドロールのムービーでは、披露宴前の結婚式の画像や映像も取り込んだムービーも作成されるようになり、リアルタイムさが求められるようになりました。このように、結婚式のムービーは一般的な催しとして、利用されています。

Copyright(C)2017 ムービーで演出する世界でひとつだけの笑顔あふれる結婚式 All Rights Reserved.